輪郭形成で理想的なフェイスラインに

家族以外にはバレていません

中学校で「エラ」と呼ばれるように口コミを詳しく調べて施術を決意した家族以外にはバレていません

包帯をしている時は本当にシミュレーションの通りに変わることができているのかがとても心配で、ついつい軽く触れて確認をしてしまいました。
いざ包帯を取ってみると、まだ腫れていて本来のラインにはなっていないということでしたが、それでも気になっていたエラは解消されて、女性らしいスッキリとしたフェイスラインであることはすぐに分かりましたし、全体的な印象も柔らかくなっていて、まさに理想としていたラインです。
腫れが引いた後の顔を鏡で見るたびに、言葉では言い尽くせないほどの満ち足りた気持ちになります。
自分でも綺麗になれたと感じていますし、家族からも綺麗になったといってもらえましたので大満足です。
受ける前は家族と少し揉めていて、顔を変えるなんておかしいといわれていましたが、受けた後の姿を見て母も「良かったね」と言ってくれましたので、手術をして良かったという気持ちになれました。
家族以外の職場の人や友人たちの反応も気になりましたがエラを削ったと思う人は少ないようで、「痩せた?」と言われることが増えました。
ですから頑張ってダイエットをしたということでごまかすことができており、家族以外には誰にも手術を受けたことはバレていません。
こんなに理想的な顔になれるのならもっと早く行いたかったと思いますが、社会人になってからすぐ受けるというのはベストなタイミングだったとも思います。

精神病みそうなんだがさっさとプレート除去と輪郭形成してぇよぉ

— 真川 (@1997_aqua) 2018年1月25日